Galaxy Noteをお買い上げ2

今日は昨日の続きと今日1日持ち歩いて使用した感想を含めて書きたいと思います。

昨日すでにRoot化をしていましたのでまずはその辺を・・・

ポケゲさんの記事を参考に進めます。

サクッとRoot化を完了し、カスタマイズに進みますがその前に必ずバックアップをしておきましょう。

[MOD][Black theme for Note, the FIRST! ] My battery PERCENTUAL[N7000XXKJ4]

からFlash with CWM:
http://www.multiupload.com/7LMQE2EAHO

ファイルをダウンロードしてCWMRecoveryからフラッシュ。

すると上記写真のようにバッテリー残量が数字に変わります。

USB接続の画面も変わります。

カスタムロムが出回るようになるまではこれでいいかなと思います。

使い方ですが、私はvulkanoflowを導入しているので、外でたまに見るのですが

Galaxy Noteはまさにピッタリです。1280×720の画素なので地デジ向きです。

しかも5.3インチは大きすぎず、いいサイズ感です。

こんな感じでultra Wi-fiとセットで持ち歩いています。

Macbook Airと比較しながら。かなりキレイに見れますよ。

Galaxy Noteといえばスタイラスなので

こんな事も簡単に出来るし、地図に印しつけたり結構使えますね。

一日使用して、私の使い方では十分電池が持ちました。朝9時から出かけて16時の時点(7時間後)で63%の残量です。その後19時過ぎに帰宅したときも40%は残っていました。

これはiPhoneをメインにしてtwitterやwebみたりぐらいです。動画を中心に使用するとすぐ電池が切れてしまうと思いますが・・・

また気づいたことがあれば報告したいと思います。

追記

Galaxy Note購入前から気になっていたこと。

それはドコモのプラスエリアが使えるかということです。

ポケゲさんのこの記事を見たときからもしかしたらと思っていました。

以前初代のGalaxySでプラスエリアが使えるかという記事を私が書いた時にポケゲさんが検証してくださったりしていたので、今回は私が検証しなければと勝手に思っていました。

初代GalaxySの時はハードが対応していないのに端末のサービスモード変更や、海外で使用されている850MHzのmodem.binを焼くことでどうにかならないかと色々やりましたが無駄でした。

海外版GalaxyS2はハードが850MHzに対応したのでドコモ版のSC-02Cのmodem.binを焼けばプラスエリアに対応できたとのこと。

そこで今回Galaxy NoteもSC-02Cのmodem.binを焼けば対応するのではと思いやってみました。

まず先ほどの記事を参考にSC-02CのROMをダウンロードし解凍します。

するとmodem.binがあるのでそれをodinでMODEMに指定して焼きます。

見事!エラーです。危うく文鎮になるところでした。

といことでドコモからGalaxy Noteが発売されるまでプラスエリアはお預けですね。

広告

Galaxy Noteをお買い上げ2」への3件のフィードバック

  1. 2ちゃんねるからの引用ですが、
    以下の手順でプラスエリアがつかめるようです。
    1. 電話アプリで *#*#4636#*#* とタイプ
    2.携帯電話情報をタッチ
    3.右下メニュー > 無線バンドを選択
    4.JAPAN Band を選択

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中